MENU

下顎前突の治療

治療例 1

10才の男の子の患者さんです。
前歯の咬み合せは、かなりの受け口です。
お父様も下顎前突を治療された経験があり、遺伝的な影響も強いと考えられます。
このままでは思春期成長の時期に、一層の下顎骨の成長が予測され、顎・顔面のバランスが更に悪化する可能性が高いです。
そのため早期に前歯の咬み合わせを改善する部分的治療を開始しました。

治療後

部分的治療終了時の写真です。
前歯の受け口の咬み合せが改善されました。
咬み合わせの改善により下顎骨が少し後ろに下がり、上顎前歯が少し前に出たことにより、三日月状だった横顔も改善されました。
今後、思春期の成長時期にさらに下顎骨が成長するので注意が必要です。
現在は永久歯列の完成を待って、全体的治療に移行する予定で経過観察をしております。

© 2017 ほりうち矯正歯科クリニック