MENU

治療中に注意すべき点

タイトル名をクリックすると、内容が表示されます。

  • 矯正治療の治療費は、医療費の控除の対象です。
    確定申告の際に税務署などで医療費控除が受けられます。
    成人の方では証明書の添付を求められる場合がありますが控除は受けられます。

  • 痛みの程度やその質には個人差がありますが、矯正装置を初めて装着した日や調節を行った日から3、4日間は痛みがあります。それを過ぎ歯が動き始めると痛みはほとんどなくなります。

    治療の進行に伴って調節時の痛みの程度もどんどん低下していき、途中から全く感じなくなる場合もあります。
    最初に我慢できないときには、鎮痛剤を飲んでください。

  • 矯正治療後、ほとんどの患者さんで歯並びや咬み合わせに後戻りが起こります。
    これは動かした歯が元の位置や状態に戻ろうとするからです。
    これを防止しするため保定装置(リテーナー)を使います。
    リテーナーの使用が不十分だと、再治療が必要になる場合もあります。

  • 矯正治療中は装置の周囲に汚れがたまりやすいので、歯みがきをおろそかにすると、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。
    虫歯や処置歯が多い方や歯肉に炎症のある方は、治療前に歯みがき指導を行います。

    矯正治療中に虫歯や歯周病の程度が進行すると、矯正治療を続けることができなくなり装置を撤去する場合もございます。
    その場合は歯肉や虫歯の治療が終了するまで矯正治療を中断し、完治後に治療を再開するという場合もあります。
    そのため調節来院時には、歯みがきの練習を行います。
    歯垢(プラーク)は白く分かりにくいため、写真のようにカラーテスターで赤く染めて行います。

  • 虫歯予防のためには歯みがきが1番重要です。
    しかし矯正治療中は様々な固定装置により、食べかすがたまり易くまた歯みがきが非常に困難になり、虫歯の発生の危険性が高くなります。
    そこで虫歯予防のためフッ素の使用が求められます。
    フッ素は使用方法を守り短時間に大量に飲まなければ安全で、虫歯予防に大変効果があります。

    写真のようなジェルタイプのフッ素が使いやすく効果的です。
    フッ素の毒性を非常に気にされる方もいらっしゃいますが、歯科でのフッ素の使用は歯の表面に塗布し、その後お口の中のつばを捨てていただくことで、体内への摂取量はきわめて少量となりますので安心してご使用いただけます。

    輸入元:(株)オーラル ケア社

    輸入元:(株)オーラル ケア社

  • 親知らずがあっても、萌える余地が足りない方がほとんどです。最悪の場合、18才前後に再び歯ならびや咬み合わせが悪くなる可能性があります。基本的に、治療方針を決定する時は、親知らずを含めて抜歯の治療方針を決定していきます。そのため、成人前に親知らずを抜く事が必要になる場合があります。

  • 現代人の顎関節は昔に比べて弱くなくなっています。「口が開きにくい」「雑音がする」「痛みを感じる」などの顎関節症の人が増えています。
    矯正治療開始前にこの様な顎関節症の症状がなかった方でも、矯正治療中は咬み合わせが変化し、咬み合わせが不安定な期間は症状が認められる場合もあります。
    また過去にこのような症状が認められていたが、現在は症状がないという方も多数認められます。そのため状態や時期により、様々な処置が必要になる場合があります。

  • 歯の裏に装置を着ける舌側矯正装置は、基本的に永久歯の歯並びが完成している人ならば何方でも使用可能な装置です。
    以前使用していた装置は、歯の表につける装置に比べて「違和感が強い」「しゃべりにくい」「舌に口内炎ができる」などの問題点が指摘されていました。
    実際「慣れるまでの間は、精神的にものすごくイライラしました」という患者様の感想も多くいただいております。
    現在使用している装置は、装置が非常に小型で薄くなりましたので「装着前に想像していたよりも違和感もないし全然楽である」という感想をいただいております。装置装着に伴う違和感を心配されている方は、ご安心ください。

    tyuui9_8_7

  • 矯正治療において歯が移動していくメカニズムを理解するために、まず歯と歯周組織の構造について理解しましょう。
    図のように歯は、歯を支える歯周組織と特に歯槽骨とは直接接しているわけではなく、歯根膜というクッションの働きをする軟組織を間にはさんでいます。
    骨は骨を作る細胞と骨を吸収する細胞の働きのバランスが取れているため、形は変化しませんが、常に新しい組織に作り換えられています。

    歯に力を作用させると、歯が移動する側の歯根膜は、圧迫されて間隔が狭くなります。反対側の歯根膜は間隔は広がります。
    圧迫された側の歯根膜では血液の流れが悪くなり、骨を吸収する細胞の働きが活発になり、歯根膜の間隔が元に戻ります。
    すると歯が移動して歯根膜の間隔がまた狭くなります。
    逆に反対側では骨を作る細胞の働きが活発になります。
    このようにして歯は骨の中を移動していきます。

    また歯周病で歯肉が痩せ歯もグラグラするようになるのは、歯を支えている歯槽骨が歯周病菌によりとかされてしまうからです。
    つまり歯周病菌により骨を作る細胞の働きよりも、骨を吸収する細胞の働きの方が活発になってしまうのです。現在の医学では吸収してしまった骨の量を回復することはできません。

    成人の方では程度の差はありますが、ほとんどの方が歯周病に罹っています。
    そのため歯みがきが不足して歯周病が進行している状態で歯の移動を行うと、歯周病と歯の移動との両方の作用で骨の吸収が急激に進行してしまうという危険があります。
    それを避けるために矯正治療前に歯みがきによる歯周病のコントロールが必要になります。
    歯周病のコントロールさえできていれば急激な吸収は防げます。
    しかし矯正治療中は常に同様の危険がありますので「矯正治療中の歯みがき」でも説明しているように歯みがきがとても大切です。

    tyuui9_8_5

  • 成人の方の矯正治療では、治療途中に知覚過敏が認められる方がいらっしゃいます。
    歯の移動のメカニズムのところで説明していますが、矯正治療で歯が移動するためには、歯の移動側の骨が吸収されて歯が移動します。
    その後反対側の骨が新しく作られれますが、この過程を繰り返して歯が移動していきます。

    歯が移動してから新しく骨が作られるまでの間は、歯周病の状態と同じになります。
    そのためこの期間は冷たい飲み物などでしみるような痛みを伴う知覚過敏の症状が認められます。しみるような痛みは骨のレベルが回復すると症状は消失いたします。

    知覚過敏が認められる方も矯正治療中の1回程度の方がほとんどですので、症状が認められる間は冷たい水を避けて、口腔内清掃に気をつけていただき、症状が自然に消失するのをお待ちください。

  • 歯の変色には歯の表面に原因がある場合と、歯の質その物に原因がある場合、歯の内部に原因がある場合と変色をしている部分により色々考えられます。

    1.歯の表面に原因がある場合
    お茶、コーヒーやタバコなどの嗜好品により、歯の表面に汚れが付いている。

    2.歯の質そのものに原因がある場合
    成長期の病気や薬の影響で、歯の質そのものに変色が生じている。

    3.歯の内部に原因がある場合
    虫歯や外傷により歯の内部(神経の部屋の壁)に汚れが付いている。


    原因別のホワイトニング
    1.歯の表面に原因がある場合
    「NITEホワイト・エクセル」など過酸化尿素を主成分とするホワイトニンク材を利用して歯を白くします。
    当院など対応している歯科医院で処置を受けられます。

    2.歯の質そのものに原因がある場合
    残念ながらホワイトニング材はほとんど無効です。
    歯の表面にセラミックの薄い皮膜を張り付ける(審美歯科で処置)、歯を差し歯する(一般歯科で処置)など歯を削る必要があります。

    3.歯の内部に原因がある場合
    過酸化水素などの薬品により内部の壁の汚れを落とすことで内部から歯を白くします。
    一般歯科で処置が受けられます。

  • 日本の医療において、健康保険を用いての治療と自費の治療を混合することは固く禁止されています。
    そのため矯正治療のために永久歯の抜歯が必要な場合、その抜歯についは矯正治療と同様に自費の処置にすることが原則となります。

    通常、保険治療の場合は、処置代金の3割を窓口で支払い、残りの7割が健康保険で支払われますが、全額の支払いが求められます。

  • 今までの矯正治療では歯を動かすための固定源をお口の外に求める場合や、補助的な装置を追加する場合がありました。
    最近は写真のような長さ1cm弱、太さ2mm弱のチタン製のネジをお口の中に植立させていただき、歯を効率的、確実に動かすことが可能となりました。
    以前は厚生労働省の認可待ちの状態で、日本矯正歯科学会のガイドラインに沿って細々と行なわれている状態でしたが、ついに厚生労働省の認可もおりて、新たにトレーサビリティシステムの導入も加わり今後は使用の拡大が図られると思われます。

    tyuui9_8_9_2

  • 可撤式タイプの治療装置で最近注目されているマウスピース矯正についてですが、透明なプラスチィック製で取り外し可能な装置を使用するため、ブラケットを使用する治療に比べてとても快適な治療と思われるかもしれません。
    しかし骨格的な問題がなく、前歯に限定された比較的軽度の問題の方のみが適応となります。

    また取り外しが可能ですが、装着中歯が移動しますが、外している間に戻りますので、歯の移動のためには毎日16時間以上の装着が必要となります。従いまして、この装置のみで治療できる方は非常に限定されます。
    当院では装置のみで治療が可能な方以外に、子供の患者さんの複数の固定式装置の合間や経過観察の時、また、小さな子供さんの最初の装置としても使用しています。

    そのため、2種類のタイプを使い分けています。一つは2種類の厚さのシートで作成した、ソフトとハードをセットにしたマウスピース。二つ目は、ゴム製のシートとプラスティックのシートの二重構造のマウスピースです。前者は、マウスピース矯正で使用し、後者は子供の患者さんで使用いたします。

  • 歯にはお口の中で見えている頭の部分と骨の中に埋まっている根の部分があります。
    個人差がありますが矯正治療で歯を動かす時、歯根の先が少しとけることがあります。

    ただし治療前と治療後のレントゲン写真の比較で問題がない場合がほとんどです。
    特に歯の移動量の大きな成人の方の場合可能性がありますが、その場合でもほとんどの方で問題が生じることはありません。
    しかし稀ではありますが、歯の移動量に関係なく著しく歯根の吸収が進む方がいらっしゃいます。
    この様な方は治療を慎重に進めますので、治療期間が伸びる可能性がございます。

  • 歯の移動のメカニズムの歯周組織の図を見ていただくとわかりますが、骨の中に埋まっている歯根は顎の骨と直接付いているわけではなく、歯根膜という歯のクッションの役目をしている物に包まれています。

    歯根の先に膿の袋ができて歯の神経を取っている場合では、稀に歯根膜が破壊されることで歯根と顎の骨が直接癒着していることがあります。
    この様な場合、歯を動かすことができませんので、場合によっては外科手術による移動が必要になる可能性もございます。

© 2017 ほりうち矯正歯科クリニック