その他

治療例

8才の女児の患者さんです。
舌を前方に突出させる習癖があるため、前歯は垂直の咬み合わせのない開咬状態です。
顎・顔面の骨格は下顎骨が著しく後退した上顎前突を示しています。
前歯の垂直の咬み合わせを改善するため、舌を前方に突出させる習癖を禁止するフェンス様の装置により治療する方針を決定しました。